ルル糖尿でました&猫又変化

悪性リンパ腫の猫ルル16才。
ステロイドを始めてから、目の上の腫瘍は小さくはならないものの、
それ以上大きくもならず、赤い湿潤もなくなり、
小康状態を保っています。

ステロイド剤の悪影響が心配なため、血液検査をしましたら、
血糖値が異常に高くなってしまいました。
他の内臓の値は正常で全然問題ないのですが。

糖が尿にも出ているかどうかを確かめる為に、
前々から尿を提出せよと言われていたのですが、
なにせ神経質な猫ゆえ、なかなか採取出来ませんでした。

が、今日、朝早くに病院へ連れて行ったせいで、
オシッコする前に拉致したらしく、帰りの車でおもらししてました。
これ幸いと、病院へ取って返し、検査しましたら、
やはり糖が出まくり。検査紙が真っ黒になるほどMAXに出ていました(T T)
ステロイド前から高めではありましたので、
もともと糖尿の素養はあったようです。
これが、本物の糖尿病か、ステロイドとストレスのせいかを確認するため、
ステロイドを3日に1度抜き、ステロイド投与した日としていない日に、
自宅で検査紙で糖尿を調べることとなりました。
合わせて糖尿の薬も飲ませます。
また薬が増えて、とうとうカプセル一個では入り切らず、
二個飲ませる羽目に。
カプセルに入れるのがまた、大変なんですよ~~、
この忙しいのにーーーーーい。


さて最近のルルさんは、ますます家猫らしくなって参りました(^o^)
昨夜、私の膝でぐるぐる言ってた時に、母が、
「最近ルルは、EriNにすっかり懐いちゃって、私について回らなくなっちゃったのよ」
と言ったら、すくと立ち上がり私の膝から母の膝に移動し、
そのあとちゃんと、母の後を追いかけ回していました。

そしてなんと今朝は、母のベッドに入ってきたそうです。
こりゃまたビックリ!

さらに今日は、母の膝で、初めて母に猫キッス♪顔中くんくん嗅いでました。
それを見て私が「えーーー、いいなあ!私にもやってよルル」
と言ったら、すぐに母の膝から私の膝に来て、私にも猫キス!!

すごいんですけど。
言葉がわかるんでしょうか。
ルルさんいつの間にか、猫又になっていたようです。
今日からソファにも寝ることにしたようで、
にゃあにゃあ要求も激しくなり、女王様化も進んでいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0